富山で木造住宅を建てよう!富山県の気候・風土・環境に配慮した自然環境に優しい・安全・快適な住まいづくり。信頼できる建築施工業者との計画が大切。

HOMEふれあいイベント木の勘違い>木と環境 県産材を使うメリットって何ですか?

県産材を使うメリットって何ですか?

A.富山県産材を使うことは、富山の森を豊かにします。

富山県産の間伐材等を利用すると、以下のような利点があげられます。

富山の森林の持つ公益性を増進できる。

水源をかん養する里山の人工林
水源をかん養する里山の人工林

外国や他県の森林ではなく、富山の森林の育成を支援することとなり、「土砂の流出防備」や「水源のかん養」など、富山の森林の持つ公益性を増進できます。

富山の山間地域の雇用確保や地域経済が振興できる。

富山の林業・木材産業が活性化されることから、富山の山間地域の雇用確保や地域経済が振興されます。

富山県内で炭素循環の輪が構築できる。

大量の二酸化炭素を吸収するスギ造林地
大量の二酸化炭素を吸収するスギ造林地

県内での「大気中二酸化炭素→森林での吸収蓄積→木材利用→木材腐朽による大気中への二酸化炭素放出」などのように、県内において「炭素循環の輪」が構築できます。

富山の木材を利用するため木材の輸送距離が短縮できる。

また、木材の輸送距離を短縮することから、木材搬送時の船や車の消費エネルギー量や排出される二酸化炭素量を削減でき、地球温暖化防止に貢献できます。

林床に草本類が繁茂し、動植物の多様性を保つことができる。

人工林であっても、間伐や間伐材の搬出利用の推進により、林床に草本類が繁茂するなどして動植物の多様性が保たれること。また、林内の見通しが良くなり、平成16年に県内各地で問題となったような「人と熊」の棲み分けの領域が明確になります。

富山の地域密着・親しみ・愛着を引き出すことができる。

地産地消の取り組みとして、郷土の資源を有効活用することにより、「地域に密着した公共事業のイメージ」と施設等利用者の「親しみ」や「愛着」を引き出すことができます。

富山 Q&A 木の勘違い

富山の木

木と環境

木と安全

木と快適

木と住宅

ふれあいイベントとやま木と住まい住まいを建てる木の住まい情報富山県木材組合連合会
木のリンク集サイトマップHOME

FlashPlayerダウンロードとやま木と住まい.netのFlashをお楽しみいただくために、最新のFlashPlayerをダウンロードされることをおすすめします。左のボタンをクリックし、手順をご確認のうえ、ダウンロードしてください。

アドビ・アクロバット・リーダーダウンロードとやま木と住まい.netのPDF形式ファイルをご覧いただくために、最新のAdobeReaderをダウンロードされることをおすすめします。左のボタンをクリックし、手順をご確認のうえ、ダウンロードしてください。

Copyright © 2007-2015 富山県木材組合連合会.All Right Reserved.
富山県木連 概要 サイトマップ 富山県 とやま木と住まい.net とやま木の家の素晴らしさ、再発見! とやまで住まいを建てるには 富山木造住宅コンクール 木造事例集