富山で木造住宅を建てよう!富山県の気候・風土・環境に配慮した自然環境に優しい・安全・快適な住まいづくり。信頼できる建築施工業者との計画が大切。

HOMEふれあいイベント木の勘違い>木と環境 木材を使った住宅はどれくらい炭素を蓄えているの?

木材を使った住宅はどれくらい炭素を蓄えているの?

A.木造住宅は街の中の第2の森林です。


木造住宅は街の中の第2の森林
各住宅の炭素含有量

木材を骨組みにつかった住宅(木造住宅)は、約6t(床面積136m2の住宅)の炭素を蓄えています。
これは、骨組みを鉄骨でつくった住宅(鉄骨プレハブ住宅)の約4倍の量です。日本全体の住宅では、1.41億tの炭素を蓄えていると計算されていて、これは、日本中の森林が蓄えている炭素の約18%に相当するといわれています。
街の中に第2の森林があるといってもよいでしょう。

木のリンク集

詳しくは、こちらをご覧ください。

富山 Q&A 木の勘違い

富山の木

木と環境

木と安全

木と快適

木と住宅

ふれあいイベントとやま木と住まい住まいを建てる木の住まい情報富山県木材組合連合会
木のリンク集サイトマップHOME

FlashPlayerダウンロードとやま木と住まい.netのFlashをお楽しみいただくために、最新のFlashPlayerをダウンロードされることをおすすめします。左のボタンをクリックし、手順をご確認のうえ、ダウンロードしてください。

アドビ・アクロバット・リーダーダウンロードとやま木と住まい.netのPDF形式ファイルをご覧いただくために、最新のAdobeReaderをダウンロードされることをおすすめします。左のボタンをクリックし、手順をご確認のうえ、ダウンロードしてください。

Copyright © 2007-2015 富山県木材組合連合会.All Right Reserved.
富山県木連 概要 サイトマップ 富山県 とやま木と住まい.net とやま木の家の素晴らしさ、再発見! とやまで住まいを建てるには 富山木造住宅コンクール 木造事例集